KaZの総合エンターテイメントWebサイト!スタジオポップコーン

ケータイの方はこちら⇒http://www.stpopcorn.com/i/top.html

TOP > music > オタクサラリーマン特設ページ
オタクサラリーマンについて

オタクサラリーマンとは

  オタクサラリーマン(別名:ウンコオジサン)。性別:オジサン。年齢:オジサン歳。
ニコニコ動画に某GLAYのモノマネ動画を投稿するオジサン。


  「オタクサラリーマン GLAY」といったキーワードで検索してくる人がやたら多いのでこのページを作りました。
みんなオタクサラリーマンのこと、知りたいんですね。。。
オタクサラリーマンは、オタクサラリーマン以上でもオタクサラリーマン以下でもない存在ですよ。


  以降、オタクサラリーマン自身の発言ということで記述しておきます。

このページの上部へ戻る
口先だけで○○誕生までの軌跡

  そもそもは、「弾いてみた」カテゴリに、自身のギター演奏動画を投稿し続ける予定でしたが、
記念すべき1発目としてGLAYの「彼女のModern...」を弾いて投稿してみたところ、まったくウケなかった。
その後、同じくGLAYの「誘惑」を弾こうとして、挫折。
あのギターソロ、何回やっても弾けないYO!ヽ(`Д´)ノ


  ちなみに、楽譜が読めないため、楽曲のコピー方法は、耳コピです。が、絶対音感はありません。
上述の「誘惑」のソロに関しては、耳コピ(とりあえず聞き取り)はしたが、指が追いつかないという始末でした。


  それから、耳コピの際は、自分でその音を発声します。そうしないと音が取れないです。ハイ。
で、この「誘惑」のソロを耳コピしている最中(声に出している最中)に、思ったわけです。
弾くのはあきらめて声で再現した方が・・・はやいんじゃなかろうか・・・、と。


  というわけで、これが「口先だけで○○」の起点です。
なので当初は、再現するのはギターだけの予定でした。


  でも、それを、1つの動画にするとなると、なかなか難しい、というかインパクトにかけるわけです。
なので、いっそのことオケは全て声にしちゃれ、と思いました。
「声だけでGLAYの演奏を再現」みたいなね。似たようなことやってる人はいなさそうだし、スキマ産業的な狙いで。
このとき、ボーカルパートを入れることは、まったく考えてなかったです。あくまで伴奏だけ。


  そんで、録音して、オケだけの音声データを作ってみたのだが・・・物足りない。
やっぱりボーカルパート、要るなぁと思いました。うーん、どうしたもんかと・・・。
今流行のボーカロイドなんつうもんを買ってみようかとも思いましたが、
(こんなことのために)わざわざ買うのもなぁ・・・と。


  で、モノは試しっつうことで、自分で歌って録音してみました。ちょきに愛はふちゃりをちゃめしてるビコーズ…!
そのときは地声で、これが聞いてみると面白くない。なんか、せっかくの伴奏が台無しになる感があった。
やっぱりGLAYの演奏だけじゃなくて声も再現した方がいいかぁ、と思いました。
じゃあ、TERUのモノマネしましょうか、ということで、モノマネで歌入れして完成させました。


  ちなみに、TERUの歌マネに関しては、10年くらい前にカラオケBOXで2・3度、友人の前で披露したくらい。
そのときの友人の言葉は、「あー、それ似てるわ」でした。
マネしたのは後にも先にもそれっきり。実に10年ぶりのモノマネでしたね。
自信はなかった。似てるか似てないかでいえば、似てないことはないかなぁ?って感じ。


  で、作った動画の自己評価としては、
「まぁ、歌はあんまり似てないけど、ギターの音が面白いからいいや」って感じ。
そんで、これをニコニコ動画に投稿してみました。
  タイトルに、”アカペラ”という単語は入れたくない、という思いがありました。
アカペラとは違う、もっと親しみやすい、何か。という意味をこめて「口先だけで…」とつけたわけ。
一体どういう動画なんだろう?って、物好きな人は見るんじゃないかな、という淡い期待とともにね。
こうして「口先だけで誘惑歌ってみた」が完成しました。


  で、3日くらいしたら、20~30くらいコメントがついて、2、3人にマイリスト登録されてた。
これはオレの動画にしては快挙でした。いや、マジデ(o´・∀・)
でも、まさか、今みたいに歌(TERUのモノマネ)に脚光を浴びるとは思ってなかったです。
自分としては、ギター意外の音声はオマケ程度につけたつもりだったんですがね・・・。


  ちなみに、当時、オレの動画でそこそこ評価されていたものといえば、ゲームプレイ動画でした。
誰もやらなさそうなファミコンのクソゲーまたはムズゲーを、1回も死なずに全面クリアする!なんてことをしてました。
あ、実況プレイじゃないです。
  それから粘土でジャッキーチェンを作る!なんてこともしてました。
まぁ、これを読んでいる人はそれらの動画は見たことないでしょうな。
オタクサラリーマンとは違うキャラクターとして、そんなことやってました。


  さてさて、そういったオレの今までの動画とは明らかに違う反響が「口先~」にはあったんで、
調子こいて続編を作りました。「Winter,again」と[Shutter Speedsのテーマ」ね。
「Winter~」では、伴奏の音を、完コピすることが目標で、
「Shutter~」では、ライヴっぽさと、コメディ色の強化が目標でした。
そのときは、どちらも達成できたと思ってたので、自分の中でいったん【シリーズ完結】しました。


  で、あるときふと自分の動画を再生してみると、
コメント数とマイリスト数が急上昇してたり、誰かさんのブログとかで紹介されていたので、
じゃあオマケでもう2つくらいやってもええかいな・・・と。
そう思ったのが運の尽き、もはや【完結】のタイミングを逃して現在に至ります。


  えー、まとめると、以下の通り。
ほんとはギターで弾きたかったけど、弾けないのでギターの音を声で再現しました。
そしたら、歌(モノマネ)の方がウケてしまった。
続編つくってるうちに反響が大きくなってきた。
なんか、あとに退けなくなりました。←イマココヾ(´・∀・`)

このページの上部へ戻る
Making of 口先【制作秘話】

  さて、あの動画は一体どうやって作ってるんでしょうか。
気になるかい?え?気にならん?じゃあ帰れ!ウンコ!


  1曲分を作るまでの手順は以下のようになってます。


1.CD(またはライブビデオ)を何度も聞いて頭に叩き込む(部屋の中でも、移動中も、ずっと繰り返して)
2.動画用に、小ネタを考えつつ、それを差し込むポイントと、使えそうな映像を探す。
3.CD(またはライブビデオ)を聞きながら、各パート単位で耳コピして丸暗記(これが一番大変)。
4.丸暗記できたパートから、レコーディング。

  • ・レコーディングにはボロッちいMTRとボコボコになったマイクと、音量調整用にコンプレッサーを使います。
      それ以外のエフェクトは使いません。
  • ・あと、ほとんどのパートはイントロから最後まで一発録りです。
      ドラムパートなどで、息継ぎできるポイントが極端に少ない場合は仕方なく2、3回に分けて録ります。
      (分けて録音すると、あとの合成作業に時間がかかる・・・。)
  • ・ちなみに、ヴォーカルパートは、似るまで歌いなおします。イントロからアウトロまで。何度も何度も。
      20テイクくらい録ってみて、一番似てるやつを本編に使います。

  まぁなんか面白くない話ですが、きったない部屋できったないオッサンが叫んでいるだけのほぼアナログな現場です。


  で、全パート録音できたら、MTRとパソコンをつないで、音声データをパート単位でパソコンに保存します。


  ここからは、パソコンでの作業です。録音した音声の雑音部分(要らない余白部分)をなるべく削除したり、
各パートを重ねてボリューム調整します。おしまいにエコーをかけたり、観客の声を入れたりしてライヴっぽさを演出します。


  それ以外の作業としては、絵を描いたり、冒頭のおしゃべりを録音したりします。自己主張のためサ。


  そして、音声と映像をMIXします。動画作成用のソフトは持ってないので、標準搭載のWindows Movie Makerを使います。
パソコンの老朽化が原因なのか、WMMが悪いのか分かりませんが、フリーズしまくるので時間を浪費します。
最後に、出来上がった動画をニコニコ動画用に、エンコード(なるべく画質音質を劣化させないように)して完成。


  どうでしょう(o´・∀・)y~ タネが分かれば地味なだけの作業でしょ。
録音作業がスムーズにいけばそのぶん、短時間で終わりますが、ほとんどの場合、そうはいかない。
だいたい、ベースと、ドラムは数え切れないほどリテイク(録り直し)になる。
「あーせっかくBメロまで録れたのにサビ間違えたー!」とか、
「むせたー!!!ゴホッ!」とか、「歌いすぎて声枯れた・・・」とかね。
そしたら、またイントロからやり直し。トライトライトライです。


  あと、「歌ってるときに、笑ってしまう」これもたびたびある。
自分でやって自分で笑ってるんだから、お幸せなタイプの人間なんでしょうよ。
動画完成させて、ようく聞いてみたら、「ぐふふ…」って声が・・・。はい、やりなおしー。
※MCアフレコのときは、笑い声もそのまま使いました。ファンタスティックな笑い声だと自負してます。
(「笑い方修正して!」というコメントにわろた。修正なんかしてやらんわ!!絶対にな! )


  参考までに過去作品で、かかった時間を教えましょう(音声データの作成のみの作業時間)。


1.誘惑・・・2時間
2.Winter,again・・・10時間
3.Shutter Speedsのテーマ・・・8時間
4.Missing you・・・12時間
5.BROTHEL CREEPERS・・・8時間
6.ビリビリクラッシュメン・・・20時間


  どれくらい時間かかるか(かけるか)は、曲次第、気分次第です。
以前は平日でも部屋に帰ってから近所迷惑おかまいなしにやってましたが、現在は土日のみ。
1回の平均作業時間は2時間くらい。これを複数回やって完成させてます。
1回の作業で、1キロくらい体重減ります。マジデ。


  また、ストリングス系(バイオリンとかそういうやつ)やキーボードとかが重要な要素である
バラードソングは、音数も増やさないといけないので、その分、時間かかりますね。
とかって書くと、なんか専門家っぽいけど、やってることはただのアフレコという(o´・∀・)y~

このページの上部へ戻る
モノマネのコツ(自己流)

  需要ないと思いますが、TERUのモノマネする際のオジサンなりのコツをば。
え?聞きたくない?じゃあウンコでも食え!オラッ( ・曲・)


  声帯系に詳しくないので、イメージで伝えますが、こんな感じ。


  • ・腹のあたりから、ちょっと元気よすぎなくらいハッキリした声を出します。
  • ・その声が、ぐぐーっと上ってきて、喉のあたりにきたら、その出口を少しだけ狭めます。
  • ・すると、行き場を失った声の一部が鼻の方に響いて、TERUっぽくなります。

これだけ(o´・∀・)y~


  わかんないか。じゃあこんな感じ。
悪漢からのボディーブローをみぞおちに受けて、「ふぐっ」となる、そんなイメージで声を出す。
あとは、そのまま「おーけぃ!」ってTERUを想像して、言ってみなさい。
ほーら、なんかそれっぽくできたでしょ。


  さて、このモノマネにおいて、オジサンが一番苦労していることも教えましょうか。


  それは…!!!!
モノマネすると、歌が歌えん!ということです。致命的です。
  どういうことかというと、喉に圧力がかかっているため、音域が極端に狭まるわけです。
オジサンの場合、低音域と高音域が、まったく使えなくなります。


  ところが、GLAYの曲っつうのはけっこう広い音域を必要とします。
じゃーいったいオジサンはどうやってんのよ?と言いますと、
音域が足りなくなる直前だけ、地声に戻してます。そらもうほんの一瞬ですが、開放します。
ようくよ~~~~く、聞いてみてください。
TERUのモノマネの声と、オジサンの地声のところが混在しているはずです。


  こういう、局所的な声の入れ替えがスムーズであればあるほど、
違和感のないモノマネになると思うので、それは回を追うごとに練習してます。めんどくせぇ!
昔よりは聞けるようになったでしょ?え?そうでもないって?このウンコ!


  ちなみに、オジサンの地声は、TERUのモノマネのときの声とはまったく違います。
歌い方も、まったく違います。なので、アレはあくまでモノマネです。
ヴォーカリストとしてのテクニックや使える音域もTERU氏には程遠いです。
いつも無理してるんだ、オジサン(o´・∀・)y~

このページの上部へ戻る
そいじゃまた

  毎回そうですが、GLAY本人とそのファンの機嫌を損ねないかどうか、
それだけが気がかりです。オジサンなりに気を使ってますが、毎回ハラハラしながら投稿してます。
  願わくば、オレの「口先~」を聴いたあとGLAYのCDを聴いて、こう思ってください。
「ああ、GLAY(本物)は、やっぱりすごかったんだ」と。


  …(o´・∀・)y~


  まぁ、いまのところGLAYファンに喜んでもらえているというのが自分の最大の強みです。
いつか、「あのときのオジサンの動画がきっかけででGLAY好きになりました」って人が現れるといいなぁ。
  あと、特に男に見てもらいたい。オレの動画は”男笑い”が主軸なので。
男で、オレより年上で、さらにGLAYファンという視聴者なら最強。みてるかー?みてくれー!


  ちなみに、オジサンは若く見られますが、若くないです。オジサンがやるから面白いんじゃないか!
(20代?そんなガキと一緒にすんじゃねぇ!まったく最近の若いもんは、ブツブツ…)
ニコニコを見始めたのも投稿し始めたのも最近。いまだによくわからない機能がたくさん。
コメントに関しても、へー、そういうときはそうやって書くのか、と驚くことがたくさん。


  んー、だいたいの問いかけには答えたな。
また、なんか質問なり、書くことなりができたら書くよ。
長々とありがとやんした。そいじゃまたヾ(´・∀・`) -オタクサラリーマン 2009年11月

このページの上部へ戻る